稲上耳鼻咽喉科・気管食道科クリニックサイトはこちら

舌がん/咽頭がん/喉頭がん/甲状腺腫瘍 のご案内

 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  院内新聞»  2012年»  2012年4月

2012年4月

2012年4月

今月はスタッフだよりに食物アレルギーについて書いてもらいました。

成人では食物アレルギーの原因は食物自体ではなく、皮膚、眼球結膜、鼻粘膜に接触する他のアレルゲンであるということが珍しくありません。ラテックス手袋による接触蕁麻疹患者に果物アレルギーが合併することも知られています。花粉によって引き起こされる食物アレルギーは時に唇が腫れ、喉のかゆみや喉の奥まで腫れて、命にも関わることもあります。最近話題になった洗顔石鹸中の加水分解小麦という成分に皮膚を通して感作された結果、経口小麦アレルギーを発病したという話題がありました。この被害に遭われた方は500人以上と言われています。今後も予期せぬ原因で食物アレルギーになることが考えられます。

健康天気予報ご存知ですか

健康天気予報ご存知ですか

天気と健康とのかかわりは深い。関節痛や乾燥肌といった症状の悪化にとどまらず、脳卒中やぜんそくのような深刻な病気を引き起こすこともある。最近はインターネットや携帯電話を通じた「健康天気予報」が充実してきた。気になる人は参考にして下さい。

  • 気温‥湿度が低く、気圧が高い→血圧が高くなり、脳卒中や心筋梗塞が起きやすくなる 
    対策・・外出時の寒さ対策や屋内の温度変化に注意
  • 気温が低く、日照量が多い→喘息による夜間救急外来が多い 
    対策・・安静にする
  • 気温が低く、湿度が高い→関節痛を訴える人が増える  
    対策・・サポーターや膝掛けで保温
  • 気温が上昇傾向になった後、湿度が高い→偏頭痛による痛みを訴える人が増える  
    対策・・急激な気温変化を避ける、日差しをサングラスで防ぐ
  • 気温と湿度が低い→乾燥肌になりやすい  
    対策・・外気に長時間さらさない、強風を避ける

順天堂大学が入院患者を対象にした調査では、くも膜下出血の発症には明確な季節変動があり、2月と3月に多く、7月と8月に少なかった。季節変動の影響は若年者のほうが高齢者より目立った。既往歴の有無とは関係なく、前日の平均気温が低いときに発症が多くなる傾向も見られた。テルモが2004年に一般の人を対象に実施した意識調査(回答者1168人)によると、81%が「天気の変化と体調には関係がある」と思い、73%が「体験している」と答えた。低血圧症、ぜんそく、皮膚アレルギー、頭痛、リウマチなどの患者に限れば、90%以上が体調への影響を体験していた。
いであ株式会社ではバイオウェザーサービスというホームページを立ち上げ天気予報以外に健康予報にイラストを使ってわかりやすく表示してくれます。個人設定で3項目の疾患を一度に表示できます。

健康天気予報の泣きどころは、「エビデンス」と呼ばれる医学的な根拠に乏しいこと。健康天気予報を専門に研究する人材が乏しく、詳しい条件を設定した実験もできないことから、疫学の手法を用いた統計的アプローチが主流になっている。このため、因果関係がはっきりしないという問題がある。学問として分からない部分は確かに多いが、天気と病気に関係があることを認識するのは大切です。ネットを利用し病気の予防や体調管理につながるとよいですね。

「夜と雨の日は安心」は大間違い・・・間違った花粉症対策

「夜と雨の日は安心」は大間違い・・・間違った花粉症対策

今年は飛散量が少ないのですが、花粉が多く飛ぶ日は減り、ひどい症状の日は少なくなりますが、ずっと症状が軽いわけではありません。

一方、夜間や雨の日は花粉が飛びにくいので、対策をしなくても良いと考える人もいます。花粉飛散数が多い時間帯は昼前から夕方だが、夜間の飛散も珍しくなく、日中落ちた花粉が風などで再飛散することもあります。うまく花粉を回避するには、環境省のウェブサイト『はなこさん』などでリアルタイムの花粉飛散情報を確認するとよい。また、雨の日は、降り始めに空気中の花粉が雨とともに落下して飛散数が増えることもあります。「雨の翌日は花粉飛散数が翌日回しになり、倍量飛ぶと考えましょう。花粉症対策として推奨されているのが、マスクやゴーグルなど、花粉から鼻や目を防御する品々があります。コンタクトレンズも、角膜を覆うため、ある程度花粉付着を防ぐ効果があります。ただし、「かゆみの症状がひどくて目をいじってしまったり、結膜が充血するなどの炎症が起こっている場合には、コンタクトレンズの装用を控えた方がよい。目の水洗いがいいとされたこともあるが、最近では目を刺激することになり、かえって症状が悪化することもあるといわれています。女性の場合、花粉を落とすためにゴシゴシと顔を洗うケースもあるようだが、これも間違い。ドライスキンや荒れた肌は花粉の影響を受けやすい。化粧を落とす際には、なるべくこすらず、優しく水で花粉を落としてから、クレンジングするのが良いようです。

2012-04-01 17:55:00

2012年   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.inakami-ganchiryou.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/s8211139/EID/39

トラックバック記事一覧
PAGE TOP