稲上耳鼻咽喉科・気管食道科クリニックサイトはこちら

舌がん/咽頭がん/喉頭がん/甲状腺腫瘍 のご案内

癌(がん)の早期発見は あなたと家族の笑顔になる

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

ごあいさつ

武田脳神経稻上耳鼻咽喉科・気管食道科 院長 稲上 憲一

稻上耳鼻咽喉科・気管食道科院長
稲上 憲一

がんは日本人の死因1位で、厚生労働省が2006年7月に公表した人口動態統計では、3人に1人が、がんで死亡しています。
発症者は年間60万人。患者数は300万人と推計されています。「国民病」ともいえる病気だけに、患者はどこに住んでいようと公平で質の高い、納得がいく医療を受けたいと願うのは当然です。その中で地域や病院によって治療レベルに差があるのは事実です。
これは医者の経験と技量の差によるものです。

過去の臨床データの蓄積と解析によって経験が積み重なり治療に活かされます。技量は症例の経験数にも拠ります。患者が必要とする専門医の有無や治療成績の情報は多くの施設で提供されていません。そのために患者は、正確な診療情報や納得ができる治療を求めて病院を転々としたり、医療不信から行き場を失う「がん難民」状態になっています。
このような現実を踏まえ、小生の経験から少しでも多くの人を救えるよう、医師の使命として社会貢献できればと思い、このページを立ち上げることにいたしました。

舌がんについて詳しく知りたい方喉頭がんについて詳しく知りたい方
咽頭がんについて詳しく知りたい方甲状腺腫瘍について詳しく知りたい方

長年悩まされた花粉症

長年悩まされた花粉症

最近の研究では5人に1人が発症しているとの報告もある花粉症。小児期の発症者も増えており、若年発症者では重症化する傾向があるそうです。花粉症は人それぞれ重傷度や症状の出方が違います。各人にあわせた治療の選択が必要です。そんな中、新たな治療として注目したいのが舌下免疫療法です。これは花粉症を引き起こすアレルギー物質であるスギ花粉のアレルゲン(抗原)を毎日少量ずつ投与し、体にスギ花粉に対する「慣れ」(免疫寛容)を生じさせて症状が出ないようにする治療。症状を抑える「対症療法」である従来薬に対し、舌下免疫療法は花粉に対するアレルギー反応が起こらないようにする「根治治療」ともいえます。従来から免疫療法はあったが、注射剤のため、頻回な通院が必要で、患者の負担が大きかった。
新薬「シダトレンスギ花粉舌下液」での治療は、自宅でアレルゲンを含んだ少量の液剤を毎日、舌の下にたらす。最初はごく少ない量から始め、徐々に増やし、維持量に達したら、その後は毎日一定量を使い続ける。効果は少しずつ表れ始め、1年半後以降はほとんど対症療法薬を使わなくてもよくなったり、症状が全く出ない状態、つまり「完治」するケースも多いという。ただし、花粉飛散がはじまる2カ月以上前に治療を開始する必要があります。今年の10月以降に保険適応になる予定です。耳鼻咽喉科で相談してください。

つづきはこちら

サイト監修医院情報

院名
稻上耳鼻咽喉科・気管食道科
住所
〒510-0303 三重県 津市 河芸町 東千里 111-1
TEL
059-244-2222
診療科目
耳鼻咽喉科、気管食道科
PAGE TOP